素材と特徴

17年06月14日

ウィッグには大きく分けて3つの種類があります。
一つは、おしゃれ感覚で使用されることも多い「人工毛」でできたウィッグです。人工毛で作られているウィッグの特徴は、とにかく安くて手軽であることが挙げられます。中には驚くほど安く購入できるようなものもあるのですが、脱毛が見られるような方がこういったタイプを使用するのはあまりオススメすることができません。
なぜなら、ものによっては乱暴につくられているようなものもあり、こういったものは肌に触れる部位でもあるネット部も荒く肌を刺激してしまうことも少なくないからです。また、耐久性にも乏しく、ナチュラルには見えません。

また、「人毛」でつくられているものもあるのですが、こちらはナチュラルに見えますし、お好みで色を染めたりパーマも楽しめるとメリットも少なくありません。しかしながら、洗髪した際はセットが必要など、手間暇がかかる傾向があります。また、丁寧にお手入れしなければ、傷みが目立ちやすいといったデメリットもあります。

他にも「ミックス毛」と呼ばれるウィッグがあります。このタイプは、いわば人口毛と人毛の良いとこどりのような存在です。毎日のお手入れも比較的簡単ですし、人毛のようにアイロンも使用できます。